激安マッサージ店を考える

ここ最近、近所の空き店舗が次々とマッサージ店に変わっています。決して都会ではない私の家の周辺だけでも、ここ1年余りで5、6店は新しくマッサージ店になってます。自動車で移動する範囲に至っては、何店あるか正直分からない位開店しています。しかも新しく出来たマッサージのほとんどが安さを売りにしたマッサージ店です。足の裏のマッサージ
私の仕事は土木工事並みではありませんが、それなりに体を動かす仕事で、年齢を重ねるごとに疲れが翌日に残る日が多くなっており、数ヶ月に1回は昔からマッサージ店を利用しています。金額は決して安くはありませんが疲れはキレイにとれます。
ある日マッサージ店を利用しようとした時に、近所に激安のマッサージ店の系列店が新規開店したのでせっかくなので1度利用する事にしました。料金は普段利用している店より7割位で正直かなり安いと思いました。しかし、マッサージがただ力任せにやっているとしか思えず、終わった直後だけでなく、夜になっても痛みが残っていました。
あまりにもひどかったので、数日後に普段利用している店に行き、その事を話してみると、他にもその様な話を聞く事が多いとの事でした。値段を安くしている分、従業員の賃金にお金をかけられず、マッサージの経験が浅い人になってしまうらしいです。当然、経験が少なくても 技術がある人もいますが、そういう人はごく僅かで、すぐに賃金の高い他のマッサージ店に転職するそうです。
もちろん、激安店の利用を否定するつもりはありませんが、利用する時はその様な事を踏まえて吟味する事が重要だと思います

トップ